路傍の日記

clusterでの徒然

#cluster日記25

昨晩のハロークラスターワールドで思ったことがある。

Twitterありきの、イベント参加資格をやめよ」

 

clusterのアカウント作成時にいくつかのwebサービスアカウントに紐づける必要がある。例えばGoogleAppleTwitter等。

 

私はもともとTwitterのアカウントを持っているが、clusterとは異なる内容で使用していたこともあり、clusterとの紐づけは行わないとした。

そして、clusterのアカウントは基本使用していないApple側と紐づけたのである。

だから、Twitterのclusterアカというものを私は持っていない。

普段遊ぶ分には支障は無かった。

 

が、昨晩のイベント発表、そして以前からの企画でもそうだが

Twitterハッシュタグをつけて応募」と伝えられることが何度かある。

なに、Twitter民しか参加資格が無いと?

他のSNSでは参加資格がない?

clusterアカウントはTwitter以外でも登録できるというのに?

 

たださえ、Twitterがこの先どうなるかわからないと言われている中で、

Twitter前提の企画を出すのはいかがなものだろうか。

私はそこに不快感を感じるのである。

 

Twitterアカウントを作ればいいじゃん」という人もいるだろう。

私は逆にポンポン簡単にアカウント作るのは問題ではと思う人間だ。

そもそも活動をこのブログ以外で書いていない。

 

今後の開発で、cluster内で情報発信できる仕組みを作るらしいが、

それが運用開始されるまでどれだけかかるやら・・・

 

 

#cluster日記24

ロビーが元の姿に戻って早一週間ほど。

元に戻った、いつものロビー放置勢も戻ってきたと思いつつも、

やはり今年は違うようだ。

 

昨年までは、「子供がはしゃいでいる」ようなケースに遭遇するイメージが強いものであったが、

今は、大人の新規勢もしくはVRchat側からの参加が目立っているように見える。

そしてそれらにもう一つ感じるのが、異様にテンションが高い人が多い事だ。

 

ロビーに入り、先人にやり方を聞くも、

教えを聞かず、「すっげー!」「神ゲーだー!」と叫び、走り回る者

※声的には高校生~大学生ぐらいはありそうであったが・・・

 

このレベルになると、子供や大人はもはや関係ない。

単に人間として品が無い。礼がない。

 

後VRchat勢に多いのは、著作権アバターのこと。

VRchatの場合、海外サービスのため、著作物の扱いが日本と異なると聞いた覚えがある。そのため漫画やアニメなのキャラなどがよくアバターでみるとネットで見た。

私自身がVRchatに入ったことは無いので、観測していない以上、そちらに関しては何も言うことは無い。

 

しかし、たまーにVRに物凄く慣れてそうな人が、いろいろ問題になりそうなアバターの姿で動いているのを見る。

発言を聞くと「VRCから来ましたー、cluster初心者です!」と聞こえることがあるのだ。

ここで思い出してほしい。clusterは純国産メタバースサービス。

そして、著作権に関してはがっつり日本の法律が適用されるのである。海外のような緩さはそこには存在しない。

当然のごとく、しばらく見ていると公式スタッフがやってきて、

警告指摘を受けているのを、ここ何度か見ている。

 

昨年のことであるが、恐ろしい考えだと思った話がある。

著作権に抵触していると思われるアバター使用者の発言だ

「VroidHUBに販売されているもので、お金払って買ったのだから問題ないでしょ」

そいう解釈をするのか……

金銭を払って購入したものは安全。

いかにも日本らしいと言えばだが…

小学生なら致し方なしとしても、中学生以上は著作権について

知っておかないとまずいと思う。

売り手は「売っただけ」ダウンロード時の規約にアバターダメと書いているかもしれない。

そうした場合、「使用した人」が問われてしまうことを考えないと。

 

 

 

 

#cluster日記23

久しぶりの更新である。

現実側が忙しかったこともあり、文字を打つ気力が足りていなかった。

要はやる気が無かったからである。

 

今週末にcluster内で舞踏会のイベントがある。

私は知らなかったことだが、すでに何回か行われているイベントで、

今回は2会場かつ異界交流会のメンバーの方もコラボと、

賑わいしか無いような催しである。

 

さてこれについて、いつものように私のマイナス側の言葉を書き連ねよう。

①舞踏会というけれど、音楽に合わせ、相手に合わせて踊れるのはVRだけではないか?

②無言チャット勢はかなりつらいのでは?

③みんな、この日のためにオリジナリティあるドレスとかを着てくるのだろう?

 

①に関して

VRを持っているが、踊ったりするのは無理。操作云々よりも酔いが辛い。

※人が多い→重い→描写下げる→酔うの流れ

ましてや、今回のイベント数時間もある長時間なイベント。

正直VRよりPCやタブレットの方が楽である。

でも……細かい踊りはそれではできない。

ノリノリの曲ならともかく、ワルツなどは無理じゃないかね。

当日の曲目がどんな感じなのかわからないが、社交ダンスっぽいものばかりだと、

VR以外はきつそう。

 

②に関して

主催の方も、それに協賛し支援した方々を見ると、よくボイチャで話すような人ばかり。

イベントに慣れていることもある。

そういう人に縁、フレンドになっている人って大概よくしゃべる人たちが多い気がする。類は友を呼ぶてやつだ。

陽キャ勢の中に、無言チャット(チャットですら少ない)勢が行った場合、

ボッチ確定では?

※実際に過去のツイートなどを見ると、声を掛けない限りボッチ確定の記事が…

なんとなく自分も、ワールドの端の方で、「舞踏会行ってきました」の写真を撮って、帰ってくる未来が見える。

 

③に関して

あれほど、わたしは「購入勢」と言っていたが、せめて着せ替えぐらいは自分でもできるようになろうとVroid studioを使用するようになった。

が、自ら服や、アクセを作るような技能は以前として持っていない。

買ったパーツを組み合わせる。そこまでだ。

今回のイベント。

過去のツイートをみると、衣装に関してのこだわりは皆レベルが高い。

力の入れようが他のイベントは一線を画す。

そりゃそうだ。

実際の歴史の中、中世の舞踏会でも、どこかにオリジナリティを出さないと、

「被る」という悲劇が待っている。

被ったら被ったで、一つのグループになりそうなのがclusterであるが、

私はあまり被りたくない。

しかし、私自身で服を作れない以上、パーツを購入している以上、

被る可能性が高くなる。

相手は何も思わないかもしれないが、私は非常に気にするタイプだ。

正直言うと、この手のイベントは期待もある。

ポップやテクノが多いclusterイベントの中で、個人的に好ましい内容であるからだ。

着せ替えと組み合わせによる変更であるが、3体もアバターを作ったことから、

それは測れることであろう。

しかし、同時に恐れもしている。

たぶん、壁のマネキンで終わるのだろうなと……

#cluster日記22

「彼らの考え・私の考え」

 

ふと気づく。

来るイベント、新しいアバターVRゴーグル入手など、事が起こりすぎて、

自分が自分で無くなっていないだろうかと。

承認欲求が暴走していないだろうか。

少し前の私は、何も反応しないロビー放置勢だったはずだ。

※今でも放置が多いが

これは明らかにおかしい。

 

VRで入るようになってから、人の側に近寄るようになってきている。

購入品とは言え、周りが使っていないようなアバターを使用すれば、

反応がある訳だから、気分もよくなる。

だが当然、めんどくさい人間に関わる機会も増えてくるわけだ。

なんだ、結局自分でめんどくさい事の遭遇率を上げているのではないか。

それは自業自得でしかない。

 

いくらめんどくさい人をブロックしたからと言って、終わりがあるわけでは無い。

いざというときに、姿が見えないのでは対応の仕様がない。

 

他のワールドは別のグループのたまり場。

であるならば、やはり自分のワールドに引きこもるしかないのである。

住みにくくしているのは自分自身なのだが、それでも入ったばかりの頃は、

それほどめんどくさいとは思わなかったはずなのだがな・・・・・・・・

 

なるほど、プラべ引きこもり民の気持ちとはこういう事なのだな。

そして作成上の意図あるワールドにいることで、

ワールド自体はwebには表示される。

わざわざ入ってきた者は、どちらかでしかない。

①興味がある者

②迷惑行為者

 

迷惑行為の場合、スクリーン乗っ取りが生じるため、

その際は、パブリックからプラべに移動するしかない。

そう思うと、引きこもろうとするワールドにはスクリーンが無い方が良いだろう。

また持って運べるものを無くす。

最初から、手段を潰す。やってきて何もできないのであれば、やる気も失せよう。

そうと決まれば、後で修正を施す。

 

#cluster日記22

私はイベントを行うことはなない。

私が好んでいる物は、非常にニッチなゾーンであり、

通常ワールドでのやり取りができる人を望んでいる。

で、まず思うのだがなぜ多くの人は

『なぜプロフィールを読まない』『なぜプロフィールを書かない』という

思いにつきる。

 

私はくどいぐらい位に、プロフィール欄に私が会話できる、フォローできるネタを明確に記載しているのだが、それを見て話しかけてくれたのは4か月で2人ぐらいだ。

それも、いくつも書いているネタの内の一つであって本命ではないのだから、

目的は達成されていないのである。

 

アイコンでも、「それ」に関しての写真になっているが、誰も触れてくれない。

というよりそれが何なのかわからないのだろうと思う。

写っているのはすべて入手が難しい限定品の物を並べたもので、

わかる人ならば絶対食いつくと思ったのだがなぁ‥‥‥‥

 

見知らぬ人にかかわる際は、まずプロフィールを見るルール・習慣・常識が生まれてほしい。

 

一応そのネタを話すためだけにワールドを作ったが、

私が居るときに一度たりとも人が来たことは無い。

ワールドの目的に沿って来てくれたのであれば当然「それ」に関して

相談受けるつもりだが、まさに閑古鳥が鳴いている。

可能であれば、そちらのワールドでいながら、ロビーの全体ライブ映像を見れることができれば一番楽かもしれない。

そういう、痒いところに手が届くような機能が欲しいものだ。

 

あと、いい加減にWebのワールド一覧において、表示さえるアイコンについて改善を。

あそこに表示されるのはパブリックサーバーでの入室状況だけを表示してほしい。

実際に体験したことだが、表示で多くの人が入室しているワールドがあったので、

自らもそのワールドに入ってみると、人っ子一人見当たらない。

ワールドの入室状況を内部で確認すると、自分以外がいないことが判明。

ただweb画面では確かに人が福数人いる。更新ラクではなく間違いなくいるのだ。

鍵サーバーなのだろう。

身内だけのサーバーなので、ソフト上では表示されないとおもわれる。

この際のガッカリ感よ。

プラべ、フレサーバーの入室情報はWeb画面には表示しないようにしてほしい。

 

あともう一つ欲しい機能としては、

指向性、指定性のあるボイスチャット

現在のボイスチャットは周囲に無差別に聞こえる。

対象の人にだけ声が聴こえるような、機能をつけてほしい。

周りに訊かれたくない話は人間誰にもあるものだ

それを満たす機能実装を望む。

#cluster日記21

この連休は最終日以外体調がよろしくなく、

あまりclusterに入ることができなかった。

 

好んでいるboothショップから新作のアバターが発売されたので早速購入。

新しいアバターで少しロビーをうろうろ。

今日は人と絡むことは無かった。

 

SNSではcluster関連として、大イベントがあったようで、

それ以外の情報を得るために、検索時にはフェルターをかけざる得なかった。

明日以降の表示は多少マシになるだろう。

あと迷惑行為に関しての情報も多かったと思う。

 

先日、カラオケのワールドで歌っていると、

初期アバターが乱入し、画面を変えてくる行為に直面した。

即ブロックしたが、ギミック自体は相手側でも操作できる。

さっさと退出したが、自分が直面するとは思いもしていなかった。

 

迷惑行為もそうだが、最近は粗野な方が増えたような気がする。

そう、幼稚ではなく『粗野』。口が荒い。

普段からそのような口調で喋っているのかと思ってしまう。

正直関わりたくないため、こういった方も今後ブロックしていこう。

住む世界が違うのだから。

 

 

 

#cluster日記20

「良い時間」

 

昨晩も家に戻ってからアバター調整を行い、並行してclusterに入る状態であった。

そんな時、昨日までは無かったであろうイベントの告知があるのを見つけた。

驚くことに「オペラ」音楽を聴くものである。

早速入室してみると、主催者が自ら歌った曲を流し、皆で楽しむというものであった。

その歌のレベルは見事なもので、実に感動するものであった。

 

歌を聴きながら他の方たちと、ワインを乾杯したり、

グラスを掲げ、曲に合わせたりとても良い時間を過ごした。

あの場には一体感があった。

 

今回のイベントはプレとのことで、後に本イベントを行うようだ。

このような音楽イベントであれば、是非ともまた参加したい。

本当に素晴らしいイベントだった。

 

クラシック系は本当に貴重だ。

路上ライブする方がコメントされていたが、

「POPやアニソンを弾くと人が集まるが、クラシックになると人が離れていく」

年齢層もあるかもしれないが、クラシックを楽しめる趣味人があまりいないのかもしれない、clusterは。

私は、今のclusterのイベントにはダンス系、DJ系が多すぎるのではと思っている。

今週はトーク関連も増えたと思う告知欄だが、依然としてクラシック音楽イベントの姿は見かけない。

JAZZピアノにしても、ピアノ一本、トランペット一本ではないし、

古典、モダンJAZZじゃない。

私はブルーノートの初期頃の楽曲が聴きたいのだが……

もっと中高年以上が楽しめるイベントが増えること望む。